新しい自分に生まれ変わりたい人へ

この話を聞き流すならこちら!
アルマトレード株式会社代表YOUTUBEチャンネル

実はあなたは”定期的に生まれ変わっている”という事実

スピリチュアルな話ではなく、より現実的に

現状に不満がある…。不満ほどではないけど、新しい自分になって、もっと刺激的な人生を歩みたい…。単に、現状を変えたい…。こういう想いは、誰にでもあるのでしょうか?極端に思い詰めるほどでなくてもごく自然な感覚で、生まれ変わりたいまたは新しい自分になりたいと想う人は多くいるはずです。

もしあなたもそのように想うのであれば、いいニュースがあります。実はあなたは、定期的に新しくなっているんです。これはスピリチュアルな話ではなく、マインドフルネスをして気持ちをリフレッシュするとか、日々のできごとに感謝をして毎日を新しく生きるとかそういった気持ちのことでもなく、現実的な話です。
もちろん、考え方や気の持ちようで人は変わるかもしれませんし、脳科学的にもセルフトークすることで潜在的に脳がそれを現実化するように神経回路を組み替えてくれるのも事実ではあるようです。でも、これで生まれ変わっていると言われても、相当な実感がない限り納得するのは難しいのではないでしょうか?

これからするお話はより生物学的で、本当の意味での生まれ変わりについて理解できる内容です。意識を切り替える準備が済んだらぜひ、読み進めてください。

新陳代謝という細胞の活動

では早速ですが話を進めます。まず、人間を含めたこの地球上の生物は何でできているでしょうか?答えは、細胞です。細胞とは、生物体を構成する最小体の構造物のことです。細胞自体も生命体とも呼べますが、これが結合し凝縮することで生物が形成されます

そしてその細胞は日々体内で新しいものに入れ替わっています。この活動のことを新陳代謝と呼びます。細胞が新しくなる周期は体の場所により様々ですが、まとめれば大体3ヶ月で全ての細胞がいったん新しく入れ替わる、と言われています。人間の場合は、約200種類、合計60兆個もの細胞でできていますが、それぞれ胃腸の細胞が約5日周期、心臓が約22日周期、肌が約28日周期、筋肉が約60日周期、骨が約90日周期で生まれ変わっています。

ということは、約3ヶ月ごとに体は新しく生まれ変わっているということです。ここまでが、生物学的に紛れのない生まれ変わりの事実です。

理想の生まれ変わりとは?

でも、あなたはそれでは納得いかないですよね?目に見えないほど小さな細胞が一つずつ体内で生まれ変わっているそのことが体感できないのは仕方ないとしても、単純に、”私が求めている生まれ変わりはこういうことではない!”と思うかもしれませんね。でも、もう少しだけこの細胞の話をします。

細胞は生まれ変わりますが、これはクローンのような複製です。新しい細胞は改良や改善がされたものとして生まれてくるわけではなく、元の細胞と全く同じ状態の新しい細胞ができるのです。例えば疲れた細胞や病気の細胞が新しいものに生まれ変わったとしても、同じように疲れた細胞や病気の細胞になるだけなんです。つまり、細胞の生まれ変わりは単に寿命がリセットされるだけで、いきなり健全で元気なものに変わるというわけではありません

細胞の生まれ変わりにも、夢がないと思わせてしまったかもしれません。ではここでいったん確認しましょう。皆さんが想う理想の生まれ変わりとはどんなものでしょうか。おそらく、生まれ変わりを望む人であれば、きっと次のようなことを期待するのではないかと思います。

”現状よりもプラスの状態になること。”

自分以外の何かに生まれ変わりたい人もいるかもしれません。もう一度同じ自分として生き直したい人もいるかもしれません。でも生まれ変わりたいと思うであれば共通して、現状よりも多少はよくありたいと思うはずです。人生に不満足がない人だってせっかく生まれ変われるなら、多少は今よりさらにハッピーで楽しいことがあるといいなと思うのではないでしょうか。

では、その理想のように生まれ変われることはできるのか?そのためには、どうしたらいいのか?その答えもまた、細胞です。

細胞を元気にする

細胞自体を元気な状態にすることで、その分元気な体になっていきます。毎回細胞が生まれ変わるごとに、元気な新しい自分になっていくんです。特にフレッシュで健康な体が欲しいと願うなら、細胞を健康にしましょう。
そのために特に重要なのが血液です。血液は、体内の細胞に酸素や栄養を運び、古い細胞を老廃物として排出しています。つまり健全な血液、そしてスムーズに体内を駆け巡ってくれるための血流が大事ということになります。ということは、日頃の健康意識を上げるしかありません。栄養バランスのいい食事、適度な運動、十分かつ良質な睡眠、社会的なつながりを日々心がけることです。目指すものがあるのであればそのための勉強や練習を積み重ねていくんです。

*新陳代謝については、こちらの記事をご覧ください【新陳代謝は若返りか?単なる寿命のリセットか?】

結局は、こういうことです。何も行動しない人が生まれ変わりたいと願っても、同じ自分でしかいられません。宝くじを当てたいというのに、宝くじを買わないようなものです。結局行動をする人が、少しずついいバージョンの自分に生まれ変わっていくんです。なんだそう言う話か、と思った人がいるとすれば、少なくとも嬉しい事実として覚えておくべきことを改めて言います。細胞は確実に一定の周期で生まれ変わっているんです。行動すれば変われるのに変えようとしないなら、当然ですがあなたは一生そのままです。

でももしかすると、自分を変えたい、そのために行動したい、と思ってはいるのに一歩が踏み出せない人もいるかもしれません。特に現代では、誰にも仕掛けられていないのに、自分自身の思考のトラップに引っかかり、身動きが取れず苦しむ人が多くいます。あなたは今の自分の状態について、きちんと理解できていますか?

あなたはカエル?それとも変える?

茹でガエルの法則と現状維持バイアス

カエルをいきなり熱湯に入れたらすぐに逃げ出しますよね。では、常温水に入れてから徐々に水温を上げ続けたらどうなるでしょう?温まっていく水が気持ちよく、カエルは浸かったままで逃げ出すタイミングを失い、いつの間にか茹で上がってしまうんです。茹でガエルの法則という話です 

これを脳科学的に言い換えると現状維持バイアスです。現状維持バイアスとは、よくも悪くも変化を好まず現状のままでいようとする脳の習性の一つです。脳は現状を変えることに抵抗を持つ性質を持っているため、潜在的に現状を維持しようとして無意識に働いてしまうんです。ホメオスタシスとも言われます。

何が怖いのか?

やりたいことがあるのに一歩を踏み出せないとき“変化が怖い”と言う人がいます。一方そういった人を客観的に見ると、今その人が身を置いている環境は劣悪なのに、なんだかんだそこに慣れてしまっていて動こうとしていないこともあります。その場合、本当に怖いのは変化することではなくて、”慣れ”ですよね。例えば、職場がブラック企業で辛いのに転職する一歩が出ないと言う人とか。辛いのは確かだけど、でもなんだかんだまあその環境でいいや、と思ってしまっていることもあるかもしれませんよね。
そこまで大きな変化ではなくても、作業をしなきゃいけないのはわかっているのに、ついついスマホをいじっていたら止まらなくなってしまったというのだって、これに該当します。ここまでくると心当たりのある方ばかりになるんのではないでしょうか?

茹でガエルの法則のカエルだって水温の上昇に気づいていたでしょう。熱くなってきた、出なきゃと思いつつ、でもなんだかこのままでもいいやってそのまま居続けてしまった。そして取り返しのつかないことになったんです。もしあなたがこのカエルのいるような状況にいるならまずは現状維持バイアスが自分を操っていることに気づきましょう。周りの人に確認するなどして、まずは自分のいる状況について自覚してみてください。
どう考えてもよくない状況なのに動けていない自分がいたら、ああきっと現状維持バイアスだ…と思ってみましょう。そうしたら、”私は変える、カエルじゃない!”と自分に向かって叫び行動するだけです。行動を始めればまもなくして、新たな目標に向けて脳はプログラムを作り直してくれます(ややこしいことにカエルも変えるも発音が同じですが…行動のきっかけ作りはこれで十分です)。仮に自分が徐々に水温の上がるお湯に浸かっていたカエルだということに気づけたのなら、これからその障壁を越える大ジャンプをすればいいんです。

まとめ

あなたを作る”細胞”は、体単位で言えば90日ごとに新しくなっている。
でも90日ごとに現状のまま寿命がリセットされているだけで、プラスになっているわけではない。
理想の自分になりたいのなら、細胞ごと元気にすればいい。
そのためには、日頃の生活の改善や勉強や練習の積み重ねが必要。
行動できない自分には、無意識のうちに自分がストップをかけていないか?
本当にそれでいいと思っているわけではなくて、変化するのが怖いだけ。

動き出せばその軌道に乗り好転します。
細胞レベルから、新しい自分に生まれ変わりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です